読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めるアラサー男子のwebデザイン生活

美容師・ケータイ販売・産廃業・食品営業今まで様々な仕事を経験。webデザイナー志望。なんとしても地方貢献したい、必死で考えた起死回生案。勢いで田舎から東京に越してきたアラサー独身男の奮闘記。

今日一つ便利なものを手に入れた

いきなりですが現在僕は東京でルームシェアをしています。

 大きくないに部屋ですがネットと睡眠ができればあとは何も望みません。

僕が今必要なことは、webデザインの勉強一筋なわけなのですからね。

 その部屋に貸し与えられたのは小さなテーブルです。

 こんな感じ。

ミツワ ミニテーブル 木目

ミツワ ミニテーブル 木目

 

 で、しばらくここにmacをおいて作業していたわけなんですが、

かなり腰が痛くなるのと作業スペースがなさすぎてコップや参考書の置き場がないことに困っていました。

 ただ大きな机やPCディスクを手に入れても次の引っ越しや、今の部屋には大きすぎると思っていました。

 どうしたものかと考えていましたが、先月こんなものを見つけました。 

 そんなわけで、今日届き実際このテーブルでブログを書いています。

こんな感じ。

f:id:vitamin02:20170206154252p:plain

(画像が荒くてすいません)

 

 ノートPCの悪特徴である猫背が解消されました。(30代男性談)

そして元あったテーブルにコップや参考書などを置けるようになりとても

快適になったと思います。

節約にために我慢したのですが、何を買い何を我慢すべきか考えて決めました。

数千円の買い物ですが、そこまでの金銭的不安を抱えているというわけなのです(´;ω;`)

でもちゃんと働けるようになるためには自分の年齢で言えばポジティブ採用なんてものは期待薄いでしょう。それなりの成果物を用意しなければ難しい事は子供でもわかります。

 ネットでは「30歳未経験で転職成功」なんてものをよく見かけますが、

確かにそういう人も多いとは思います。

ですがそれ以上にうまくいかない人が大勢いることも現実でしょう。

 30歳で転職。今の御時世何ら不思議ではないです。

ただ何のために転職をするのか、今いる会社を離れてまですることなのかを

よく考えて移したほうがいいのでしょうね。

 多様化の進んだこの社会で、自分の生き方を見つけていくにはとても難しく

また、勇気が必要だと思います。

 誰かに頼ることも、相談することも大切です。

むしろ客観的なアドバイスを得れるのでおすすめです。

 僕の場合は仕事をやめて東京にこうと考えてると友人に話したとき、

友人は「お前は勤め人として生きてはいけないよ。だからいいんじゃない?」と。

(友人はどこまで考えてくれて言ったのかはわかりませんが)

意外とその一言で悩みがスッと治まっていったのを覚えてます。

 

自分だけで悩んで絡まって動けなくなるより、相談して解(ほど)いてもらう。

 

そんな方法もあるのです。

 

 

自分焦ってます。

東京に出てきて3ヶ月経ちました。

…そして……背中に這い寄る焦りがでてきました。

今回のテーマは「生活を見つめ直そう」

はい。

僕が小学生の頃(20年前!?)先生に提出していたノートの一つに

「生活を見つめ直す」略して「せいみつノート」というのがありました。

内容はと言うと、日々起きたことや思ったことをつらつらと書いていくノートです。

みなさんも似たような事を小学生の頃に行ったのではないかと思います。

 平成生まれの方はわかりませんが。

朝回収して先生に提出➡学校の終わりに先生のコメント付きで返される

例のアレです。

 

 思い返せば当時の僕は義務(惰性)で書いていたなと。

ただ最近になって自分の日々に対して考えて返事をくれていたことはとても

感謝すべきだった事なんじゃないかと思うようになりました。

 高校や専門学生というレールに乗って、

両親の苦労を見ないで文句ばっかり言っていたあの頃。

狭い世界で王様気分でイキっていたあの頃。

 全くもって生活を見つめ直せていなかったんだなと。

 

そして今も身勝手な行動をしている自分がいます。

 

「親の苦労子知らず」というけど知っていかないといけない年齢になってます!

「30歳」本当に色々考えさせられるポイントなんですね。

 

ネットを漁っているとこんな言葉に出会いました。

「人の一生」だそうです。

f:id:vitamin02:20170204173413j:plain

(これを読んで人知れず得も言われぬ恐怖を覚えたことは秘密です。)

 

 振り返ると20代半分は美容師になるために必死で、女遊びや、豪遊というのを全くしてこなかったなと。

だからといって羨ましかったりとかは今はないのですが。

 20代の残り半分は地元でなんとなく働いて、実家ぐらしだったのでお金にもさして困ることはなく、なんにも考えずに生きていたんだと思います。

なので汗は周りの人の半分ってことですね…(._.)

 現在30代前半ですが、webデザイナー(フロントエンド)になりたいと考えだしたのが

28歳の頃。

当時の仕事の都合もあったり(言い訳)、いざ地元で勤めようにもそもそも求人がなかったり(責任転嫁)、

…そう

 

しているうちに30歳。

まったく、この人生ジェットコースターだけは好きになれません。

 

ジェットコースターにもほどがある (集英社文庫)

ジェットコースターにもほどがある (集英社文庫)

 

 

少し(?)話がそれましたが、今回言いたかったことは。

「得ることばかりではなく、見つめ直すことも大切!」

ということでしょうか。

 

焦ると先のことを考えて不安になりがちですが、

しっかり地に足をつけていれば必ず前進しているはずだと思います。

してないと困ります(´・ω・`)

 

 この時期、新生活の準備をなさっている人はたくさんいると思います。

僕も約12年前美容師になるため東京に上京ました。

高速バスで別れた母の事は今でもよく覚えています。

18歳だったので冷たいそぶりで別れたのをよく覚えています。

その後ここ東京でいろんな出会いや経験がありました。

その1つ1つが先の未来につながっている気がします。

訳あって地元には帰りましたが。

 

 また東京に来たのはもちろん勉強や仕事のため、

だけどそれだけではなくまだ出会っていない経験や失敗を求めているからだと思います。

 

 今の現状に焦りや不安はありますが、発芽したてのワクワクした気持ちもあります。

この小さな芽を大切に育てていこうと思います。

 

 

神明 ファンケル発芽米ごはん (160g×1P×24個)

神明 ファンケル発芽米ごはん (160g×1P×24個)

 

 追記。

タイトルの変更を行いました。今思うと去年の12月で

31歳となりましたもので。

ゼロから始める30歳男子のwebデザイン生活

から

ゼロから始めるアラサー男子のwebデザイン生活

に変更しました。

また変わるかもしれませんが、しばらくはコレで行こうとコレでいこうと思います。

 

受ける印象と魅力

見た目9割といいます。

人は初対面ものの数秒で相手の印象を決定するそうです。

言われてみたらそうかもなぁと。

女性を見るとき美容師のなごりで髪型を見ます。毛質やカラーサイクルを無意識に調べています。

その後はメイク、ネイル…

未知なものは不安なので決めつけでもいいのでその者が何者かを決めて安心したいんだと思います。

でも「決めつけ」は案外当たっているから不思議です。

 ただ中には内側から出る魅力のある人もいます。

数秒で受けた印象を数分で覆し、さらに相手の心をつかむ人です。(カリスマなど)

こういう人に会うと僕は逃げるのではなく向き合うようにしています

なぜかというと、自分の中に足りないものを、間違っているとこを見つめ直すきっかけだと考えているからです。

そういう方々は多くは語らず、相手を尊重し、自分の意見を押し付けず、いい意味で冷たい(ここ大事)ということです。

 「いい意味で冷たい」と言うのは言い表すのは難しいのですが、甘やかさないと似ています。

甘やかされると人は怠惰になりやすいと思います。

「何かあっても大丈夫」「僕がやらなくても大丈夫」など

責任感の低下につながることもあると思います。

もちろんそうじゃない関係もあると思います。

でも甘やかされると結果その人の向上力を削いでしまっていることもあります。

一度落ちると大変です。(実体験)

いい意味で冷たい人は要所要所に「責任」や「成果」や「恐怖」を残してくれます。

これがいいのですw

ある一定の張りがないとだめなのです!

人は自分ではなかなか成長できないのです。

嫌いな先輩や上司って別の角度で見たら違っていることもありますよね?

 僕の好きな考え方があります。

「コップの中に半分入った水があります。」

ーーー「あと半分しかないと思うのか、まだ半分もあると思うのか。」

 

僕は人を嫌いになることがるときは、あとでこのフレーズを思い出します。

 

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

 

 

人間的魅力の研究 (日経ビジネス人文庫)

人間的魅力の研究 (日経ビジネス人文庫)

 

 

 

 

この腰ホント重い!!

みなさま突然ですが、働くってなんですか?

……

………

…ハッ(゚∀゚)

 

働食う!

 

はい。ということで働かざるもの食うべからずという言葉どうり食うためには働かないといかんのです!

ニートとか自宅警備とか言われてますが、最近は揶揄とゆうよりも現実を肯定する表現のツールになっているんじゃないかと思います。

僕は今webデザインの勉強のため日夜参考書を片手にひたすら勉強をしているわけですが、かなりのネット依存にも平行して陥っている気がします。

昔からネットの海に浸かっていて情報の仕入れが早かったほうだと思いますが、最近はまとめアプリも定着し同じ情報を簡単に知れることができますね。

 それはいいことだと思います。新聞からスマホに変わったとおもうので。

ただ昔はインターネットの情報はほんと半分ウソ半分(信じるか信じry)と言われていたのが今はネットの情報にすべて染まっている気がします。

ソースがはっきりしていればいいかもしれないのですが…

例えば…

tocana.jp

という記事が広まりました。

最近見たサイトでは…

news.nifty.com

 

みたいに。

 

僕もまだまだネットリテラシーが十分とはいえませんが。

踊らされてばっかりでは面白くないですよね。

 

webサイトを作る上で大事なことはなんだろうと考えたとき、

どの立場で物事を見るかによってかわるのだとおもいます。

お客様側、企業側、エンジニア側。

この円の中心に持っていくことを心がけて作り上げていくことが大事なんだと思いました。(小並感)

それにしても「ネットは広大だわ…」by素子

 

 

日々の成長

ご無沙汰しております。

最近は日々パソコンとにらめっこし参考書、関連サイトを読みあさり自分のポートフォリをの作成に取り掛かっています。

ただひたすらコードを覚えていますが、どういうときに何を用いればいいのかよくわかりません!

正解のわからないままストレスが溜まって時々大声を出したいです。

ようやく、このコードは何を作用しているのかわかってきてはいるんだけどいざ使う場面でうまくいかないと「ムキー\(^o^)/」となります。

久々のブログでもライティングの下手さは際立ってます。

でも一歩一歩進んでいるこんな日々は初めてハサミで髪の毛を切ったあの興奮を思いださせてくれています。(変態)

最近の一息はアマゾンプライムでやっている海外ドラマです。

この間までハマっていたのは「SUITS」ですね(^^)

あらすじを三行でまとめると。

・偽弁護士を雇う

・偽弁護士超有能

・偽弁護士と毎度バレそうになる

以上(雑)

 

でもネタバレもしたくないのでw

 

 

ぜひおすすめです。

 

そういえば昔、西尾維新さんの「化物語」を友達に「中学生が手ブラしてる作品」と言って勧められたな〜★

 

 

悪い癖

明けましておめでとうございます(^-^)

新年を迎え今は地元に戻っております。

あっという間の1ヶ月、東京に住みwebデザイナーになるべくスクールに通い、

気づけば新しい年を迎えました。

地元というのは暖かく心地よくそれはそれは甘美な環境です。

このままいけばかならず後悔するとわかっているのになかなか抜け出せない。

これを堕落と言うのでしょうね!

 

明日東京に向かいます。

再度、

なんのために行くのか、何を成すのか。

改めて帯を締め直します。

後悔のないように。

里帰り

 約一ヶ月ぶりに里帰りをしました。

たかだかひと月ですが密な時間を過ごすと時間の収縮力が凄まじく。

思考をやめたひと月と何もかも違うことに驚いてます。

一昨日の夜に実家に着き昨日は友達の髪を切り、喫茶店で近況報告。

 友達は少しだけ驚いてその後、まぁらしいよね。っと。

くすぐったいような恥ずかしいような、

友達は地元を離れることを残念がるよりも、

胸はって行ってこいと。

 自分の中では沢山悩んで決めたことなんだけど、これからの事に不安がってた気持ちが少しだけ楽になった気がしました。

 

 沢山後悔してきました。

生きてる事を投げ出したいと思い続けた事もありました。

でも僕は今、少しだけ進めた気がします。

久々に息をしている気がします。

だから今は行動に起こした自分をちょっと見直しました。

 

今日も友達の髪を切ります。

今から楽しみで仕方がないです。